路面電車のある風景を再現する

路面電車

鉄道模型と言えば颯爽と走る新幹線やいくつもの貨車を連結させた貨物列車などのイメージがありますが、路面電車を走らせるのも鉄道模型の楽しみ方のひとつです。実際の路面電車は時代の流れと共に減少しましたが、鉄道模型のジオラマなら路面電車のある都市の風景をそのまま再現させることができます。路面電車も一般的な鉄道車両と同様に模型化されているのでジオラマに取り入れることが可能です。また、かつては路面電車の軌道が模型化されていなかったため、ジオラマで再現するには通常の線路を改造する必要がありました。しかし現在では専用の軌道が販売されているので、模型の改造に慣れていない人でもすぐに路面電車を走らせることができます。

路面電車のある風景を再現するには昭和の街並みをイメージするのが最適と言えます。実際の路面電車は明治末から昭和末頃まで都市部で用いられていましたが、鉄道模型のストラクチャー類は昭和の中頃をイメージした製品がもっとも多いためです。住宅や雑居ビルなどを軌道に沿う形で並べることによって路面電車のある風景を簡単に再現することができます。ジオラマ作りに慣れている人であれば路面電車用の電線を自作することも不可能ではありません。サイズが小さいジオラマに電線を模した糸を張り巡らせるのは手間がかかりますが、それだけに完成した時の喜びは大きいと言えます。車両の中に人形を配置することでさらにリアルな雰囲気を演出することが可能です。

すでに引退した車両も鉄道模型の中なら現役です。路面電車も本物の車両は路線の廃止によって激減しましたが、鉄道模型のジオラマで都市部の懐かしい風景を再現させることができます。また、ジオラマの作成によって鉄道の歴史や街の発展の進み具合を学ぶことができるのも魅力のひとつと言えるでしょう。